半田山こもれび保育園は浜松市東区にある、内閣府所管「企業主導型保育園」です。 053-589-4646

企業主導型保育とは

企業主導型保育事業とは

企業主導型保育事業とは国の助成を受けながら会社が従業員のために運営する保育園です。設置企業の従業員だけでなく、提携の契約を結ぶことによって近隣企業の従業員も利用することができます。上記の方々は正社員だけでなくパートで働く方も利用できます。さらに、空きがあれば地域の方々(保育認定が必要です)も利用できます。

企業主導型保育園のメリット

女性活躍の推進

女性をはじめとする従業員が、結婚、妊娠、出産、子育てというライフステージにかかわらず働き続けやすくなります。

優秀な人材採用・確保

従業員のワーク・ライフ・バランスに真摯に取り組む姿勢から、企業の魅力が向上することで、優秀な人材の採用・確保にとっても非常に有効です。

地域貢献

地域の子どもを受け入れることで、待機児童の解消に資するという大きな地域貢献になります。

企業イメージの向上

子育てに優しい企業であるとの企業イメージの向上にもつながります。

その他にも…

  • ★地方公共団体を通さず園に直接申し込みが出来ます。
  • ★企業主導のため、各企業独自の特色を出したサービスを提供することができます。
  • ★保育士も基本、自分が所属している自社社員であるので、会社が子育てに最大限寄り添うことができます。
  • ★近隣企業と提携を結ぶことによって、企業内保育所としてサービスを利用できます。
  • ★園児や保護者ひとりひとりと園との距離を縮めた、日常生活により近いゆとりを持ったサービスを提供できます。
  • ★認可園より保育従事必要者数が多く設定されており、小人数の園児を手厚い人数で保育に従事していきます。
  • ★保育料は家庭の収入によって差が出ることはありません。通年通してすべて一律となります。

特色・申込方法など

半田山こもれび保育園の特色

  • 働く保護者さんたちのサポート重視(洗濯サービス、延長保育、日々の園内生活の見える化(アプリシステム)等
  • 運営会社が派遣事業のため、将来現職を退社されたとしても、次のお仕事探しのお手伝いができます。
  • 保護者が所属する自社運営により、園との情報や連絡が非常にスムーズに行うことができます。日々のやりとり、気づきの声を集めることによって、園運営そのものが常に進化し、その時々に見合ったサービスを提供できます。
  • カリキュラム制限がないため、保育内容に関して、保護者の希望に沿った活動を検討する事ができます。
  • 月に1度、閉園時を利用し社内講師によるベビーヨガやスポーツ教室などを開催しています。

追加料金は一切かかりません

 

提携企業枠

地域枠

追加書類

共同利用契約書
※当園と保育契約を結びます。

保育認定証明書
※区役所で発行してもらえます。

追加料金

ありません

ありません

保育料の支払方法

提携企業様からお振込み頂き、同額を利用保護者様の給与から天引きしていただきます。
※企業様へのご説明も承ります。

保護者様のお口座から直接引き落としさせて頂きます。

提携企業枠のお申し込み方法

保護者→お勤め先に相談するケース
お勤め先の会社にご相談
お勤め先の承認
提携契約締結(限定/継続)
企業様から直接お問い合わせいただくケース
企業様から提携のお申込み
枠数、期間の確認
提携契約締結(原則継続)

お問い合わせ
担当:西田・加藤